筑波大学 人文社会科学研究科
English
CAJS 国際比較日本センター
センターの紹介 ニュース・イベント情報 研究成果 市民社会データベース 研究メンバー アクセス リンク

ニュース・イベント情報


2014年04月28日 14時00分 [個別ページ]
2014年5月2日CAJS「市民社会ガバナンスの会」のお知らせ

5月2日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、以下の報告が行われる予定です。

日 時:2014年5月2日(金) 11:30~13:00

場 所:筑波大学人文社会系棟A101

議 題:「政治過程における政策スタッフの役割―実務と学問の経験から―」

報告者:蒔田純(筑波大学人文社会系非常勤研究員)


皆様のご参加をお待ちしております。

20140502CAJS.jpg


2014年04月28日 13時40分 [個別ページ]
2014年4月25日CAJS[市民社会ガバナンスの会」の報告

4月25日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、「東日本大震災学術調査」プロジェクトに関する研究報告が行われました。世界経済フォーラムの刊行するGlobal Risk Reportを参考とし、東日本大震災を世界的視野から捉えることについての試論が展開され、会議では活発な議論が交わされました。具体的には、「世界経済フォーラム自体の持つビジネスバイアス」、「『リスク』の定義や設定における政治」、「災害対策周辺の意思決定におけるコストの問題」、「『想定外』に関わる制度的前提のあり方」、「政治学以外のディシプリンによる震災の見え方」等が言及され、研究上の課題として浮上しております。

日 時:2014年4月25日(金)11:30~12:30

場 所:筑波大学人文社会科学系棟A101

報 告:「日本人を取り巻く災害リスクと公的意思決定の諸相」

報告者:田川寛之(筑波大学 人文社会系非常勤研究員)

140425_picture1.JPG140425_picture2.JPG

報告資料(PDF:5.90MB)


2014年04月22日 14時06分 [個別ページ]
2014年4月25日CAJS「市民社会ガバナンスの会」のお知らせ

4月25日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、以下の報告が行われる予定です。

日 時:2014年4月25日(金) 11:30~13:00

場 所:筑波大学人文社会系棟A101

タイトル:「日本を取り巻く災害リスクと公的意思決定の諸相」

報告者:田川寛之(筑波大学人文社会系非常勤研究員)

※日本学術振興会「東日本大震災学術調査」プロジェクトの一環です。


皆様のご参加をお待ちしております。

20140425CAJS.jpg


2014年04月21日 13時52分 [個別ページ]
2014年4月18日CAJS「市民社会ガバナンスの会」の報告

4月18日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、先週に引き続き、以下の2つのプロジェクトに関するCAJSの方針についての打ち合わせが行われました。

・科学技術研究費助成事業 基盤研究(S)「政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究」

・日本学術振興会「東日本大震災学術調査」プロジェクト「政治・政策班

日 時:2014年4月18日(金)10:30~11:30

場 所:筑波大学人文社会科学系棟A101

来週より上記の2つのプロジェクトに関する研究会を毎週金曜日の11:30~12:30に開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。ただし、急きょ日程が変更する場合がございますのでご了承ください。研究会の開催日時と場所は本ページにて告知いたしますのでご確認いただければ幸いです。

140418_picture1.JPG140418_picture2.JPG



2014年04月15日 17時10分 [個別ページ]
QSR International Japan社来訪

QSR International Japan社のケイト・フレミング日本担当ヴァイスプレジデントらが4月15日、当研究室を訪問されました。訪問に際しては、辻中豊教授への表敬とともに定性研究ソフトウェア「NVivo」の運用状況に関する意見交換を行ないました。主に①運用状況のヒアリング、②研究促進のためのブレインストーミング、③データアーカイブ化に関する情報交換を行なったものです。なお、当ソフトウェアは「東日本大震災学術調査」事業のために導入されております。 当研究室を訪問されましたのは、ケイト女史のほか、笹生智子カントリーマーケティングディレクター、谷口慎介クライアントエンゲージメントスペシャリストの三名で、ソフト利用の高度化について有意義なアイデアを頂くことができました。

140415_picture1.JPG140415_picture2.JPG



2014年04月15日 14時30分 [個別ページ]
2014年4月18日CAJS「市民社会ガバナンスの会」のお知らせ

4月18日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、以下の講演が行われる予定です。

日 時:2014年4月18日(金) 10:30~11:30

場 所:筑波大学人文社会系棟A101

議 題:科学技術研究費助成事業 基盤研究(S)「政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究」および日本学術振興会「東日本大震災学術調査」プロジェクト「政治・政策班」における国際比較日本研究センターの役割


皆様のご参加をお待ちしております。

20140418CAJS.jpg


2014年04月11日 13時49分 [個別ページ]
2014年4月10日CAJS「市民社会ガバナンスの会」の報告

4月10日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、以下の2つのプロジェクトに関するCAJSの方針についての打ち合わせが行われました。

・科学技術研究費助成事業 基盤研究(S)「政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究」
・日本学術振興会「東日本大震災学術調査」プロジェクト「政治・政策班」

日 時:2014年4月10日(木)10:30~11:30

場 所:筑波大学人文社会科学系棟A101

CAJSでは、今年度も以上のプロジェクトに関する研究会を定期的に開催いたします。本サイトの「ニュース・イベント情報」にて告知をいたしますので、ご関心のある方は是非ご参加ください。

140410_picture1.JPG



2014年04月08日 16時02分 [個別ページ]
北京大学にて市民社会研究に関する打ち合わせ

2月28日、当センターのメンバーである辻中豊教授が北京大学政府管理学院・公民社会研究中心にて以下の先生方と打ち合わせを行いました。
李景鵬先生(北京大学教授)
袁瑞軍先生(北京大学准教授)

140228_picture1.JPG

なお、2014年5月に以下の本が出版される予定です。


辻中豊・李景鵬・小嶋華津子編著『現代中国の市民社会・利益団体―比較のなかの中国:北京市,浙江省,黒竜江省調査(2001-2011)に基づく実証分析』(木鐸社)
http://www.bokutakusha.com/announcement/2014_announce.html#link7