筑波大学 人文社会科学研究科
English
CAJS 国際比較日本センター
センターの紹介 ニュース・イベント情報 研究成果 市民社会データベース 研究メンバー アクセス リンク

ニュース・イベント情報


2014年03月18日 13時31分 [個別ページ]
東日本大震災学術調査(政治・政策班)第2回研究集会の報告

3月14日、東日本大震災学術調査第2回研究集会が開催され、ワシントン大学よりお越しのロバート・ペッカネン准教授にご講演いただきました。なお、当研究は独立行政法人日本学術振興会「東日本大震災学術調査」の受託研究の一環として行われています。

日時:2014年3月14日(金) 13:00~16:00

場所:筑波大学 東京キャンパス 会議室432 (東京メトロ丸の内線・茗荷谷駅より徒歩5分)

講演タイトル:米国人研究者の見た東日本大震災と日本政治  何が変わり、何が変わらないのか?

講演者:ロバート・ペッカネン (ワシントン大学 ヘンリー・M・ジャクソン国際研究大学院 准教授)


ペッカネン准教授のウェブサイトはこちらです。
http://www.robertpekkanen.com/

140314_picture1.JPG140314_picture2.JPG140314_picture3.JPG140314_picture4.JPG


2014年03月07日 13時46分 [個別ページ]
2014年3月6日CAJS「市民社会ガバナンスの会」の報告

3月6日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、地方政治に関する以下の講演が行われました。

日 時:2014年3月6日(水)

場 所:筑波大学人文社会系棟B419(政治討論室)

第一部 10:30~12:00

  講演:「中央・地方関係のなかの官民関係の変化と持続―団体調査の分析を中心として」

  講師:久保慶明(琉球大学法文学部准教授)

第二部 13:30~15:00

  講演:「地方自治体における社会団体の政治・行政への関与―団体分類・地域・時系列間比較」

  講師:柳至(琉球大学法文学部准教授)

140306_picture1.JPG140306_picture2.JPG


2014年03月07日 13時37分 [個別ページ]
明治大学国際総合研究所にて川口順子特任教授と面談

2014年2月26日、辻中豊教授を含む当センターのメンバー4名で明治大学特任教授、元外務大臣・環境大臣の川口順子先生と面談を行いました。面談では、90年代から2000年代、そして東日本大震災以降の日本の地球環境政策についてのお話を伺いました。本面談は科学技術研究費助成事業の基盤研究(S)「政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究」で実施した「地球温暖化への取り組みに関する調査」に関するものとなります。

140226_picture1.JPG