筑波大学 人文社会科学研究科
English
CAJS 国際比較日本センター
センターの紹介 ニュース・イベント情報 研究成果 市民社会データベース 研究メンバー アクセス リンク

ニュース・イベント情報


2013年05月29日 15時01分 [個別ページ]
2013年5月26日「震災に学ぶ社会科学」シンポジウム(仙台トラストシティカンファレンス)の報告

5月26日、日本学術振興会主催のシンポジウム「震災に学ぶ社会科学」が開催されました。
会場には社会科学領域の研究者、行政関係者を中心に100人を超える出席者が参集し、活発な議論が展開されました。
当センターからは、辻中豊、木島譲次、久保慶明、田川寛之の四名が参加しました。

現在、学術振興会は「東日本大震災学術調査」プロジェクトを推進しています。
辻中教授はプロジェクト中の「政治・政策班」の責任者を務めており、当日は研究状況の報告を行いました。

日 時:2013年5月26日(日)10:00~18:00(開場9:00)
会 場:トラストシティカンファレンス・仙台
     (仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー5階)
定 員:150名(先着順) 参加費無料

会議には、ゲストスピーカーとして岡本全勝・復興庁統括官、五百旗頭真・ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長も出席され、
震災復興の現状、そして各研究班の報告をふまえながら、今後の展望について重要な問題提起が数多く展開されました。

プロジェクトでは、社会科学領域を広く包含したシリーズ刊行物の発刊が計画されております。
「政治・政策班」の現状につきましては、今後も当サイトにて引き続き報告してまいります。
 
130526_picture1.JPG130526_picture2.JPG

発表概要(PDF:2.84MB)


2013年05月29日 14時36分 [個別ページ]
2013年6月5日CAJS「市民社会ガバナンスの会」のお知らせ

6月5日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、以下の報告が行われる予定です。

日 時:2013年6月5日(水)12:30~14:00

場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)

報告者:Anar Koli、久保慶明(筑波大学人文社会系助教)

     小橋洋平、田川寛之(筑波大学人文社会系非常勤研究員)

     桶本秀和(筑波大学国際公共政策専攻博士後期課程)

     大倉紗江、竜聖人、和嶋克洋(国際日本研究専攻博士後期課程)

議 題:「第2次地球環境政策ネットワーク調査(GEPON2)結果報告(速報値)

皆様のご参加をお待ちしております。

130605_CAJSGEPON.jpg


2013年05月22日 15時48分 [個別ページ]
2013年5月18日・19日 「国家・社会関係の比較研究プロジェクト」日中合同会議の報告

5月18日・19日の2日間にわたり、国家・社会関係の国際比較に関する中国側研究グループとの合同会議が開催されました。本学と北京大学をテレビ会議システムで結び、双方合わせて約30名の出席者による活発な意見交換が行われました。なお、本会議における討論を踏まえた成果は、研究書として出版される予定です。

「国家と社会団体の関係に関する国際比較の実証研究―2000~2010年のデータに基づいて」
日時: 2013年5月18日(土)・19日(日) 14:00-18:30
場所: 筑波大学共同研究棟A306および北京大学英傑交流センター307テレビ会議室

5月18日
開会挨拶

辻中豊(筑波大学人文社会系教授)・李景鵬(北京大学教授)・袁瑞軍(北京大学准教授)

パネル1「比較研究」
辻中豊・小橋洋平(筑波大学人文社会系非常勤研究員)「利益集団論からみる中国の社会団体―日米独露韓土比孟8か国との比較を通じて―」
黎娟娟(中国サムスン研究所)「社会組織の政治傾向の相違―北京、浙江省、黒龍江省を例に」

討論者:木島譲次(筑波大学国際部准教授)・褚松燕(国家行政学院教授)

パネル2「社会団体と政府の関係」

黄媚(筑波大学人文社会系非常勤研究員)「社会団体と党・政府の関係―"埋め込まれた規制"に対する定量的考察―」
袁瑞軍「"GONGO"の十年の変化―十年間における三つの省の二回の調査データに基づいて―」

討論者:小嶋華津子(慶應義塾大学法学部准教授)・呉利娟(北京大学社会学系講師)

パネル3「社会団体の政治的関与」
黄媚・小嶋華津子「政治過程の中の社会団体―利益集団の視点からの分析―」
張長東(北京大学講師)「政治過程における社会組織:多元主義・コーポラティズム論争から」
討論者:辻中豊・仝志輝(中国人民大学准教授)

総括

辻中豊・張静(北京大学社会学系教授)

5月19日
パネル4「社会団体のネットワークと社会組織化」

小嶋華津子「中国の社会団体のネットワークに関する一考察―中国社会団体調査(2009~2011)に基づいて―」
張静・焦長権(北京大学社会学系博士課程)「中国の社会団体は戦略的団体か?」

討論者:小橋洋平・王歓(中国社会科学院副研究員)

パネル5「民弁非企業単位」
黄媚「民弁非企業単位の現状―2011年調査に基づいて―」
柳瑛(北京対外経済貿易大学)「自主性と団体機能―教育系民営非営利企業を例に」

討論者:木島譲次・焦長権

パネル6「社会団体研究の新アプローチ」
木島譲次「台湾民主化は中国「軟着陸」の成功事例か:研究ノート」
汪錦軍(浙江行政学院准教授) 「体制依存から政策依存へ:政府による公共サービス購入及び非営利団体の政策環境―北京、浙江におけるアンケート調査データ分析に基づいて」

討論者:辻中豊・句華(北京大学准教授)

総括
辻中豊・李景鵬・褚松燕・袁瑞軍

130518_picture1.JPG130518_picture2.JPG130518_picture3.JPG130518_picture4.JPG130518_picture5.JPG130518_picture6.JPG130518_picture9.JPG130518_picture7.JPG130518_picture10.JPG130518_picture8.JPG


2013年05月22日 14時25分 [個別ページ]
2013年5月26日東日本大震災学術調査シンポジウム開催のお知らせ

2013年5月26日(日)、独立行政法人日本学術振興会の主催による「震災に学ぶ社会科学 -東日本大震災学術調査 シンポジウム-」が開催されます。
当センターのメンバーである辻中豊教授が巨大複合災害における危機管理と政治主体と題しまして調査報告を行います。皆様ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

日 時:2013年5月26日(日)10:00~18:00(開場9:00)
会 場:トラストシティカンファレンス・仙台
     (仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー5階)
定 員:150名(先着順) 参加費無料

詳細は以下のサイトをご覧ください。

http://www.jsps.go.jp/j-gakujutsuchosa/


2013年05月22日 13時46分 [個別ページ]
2013年5月16日CAJS「市民社会ガバナンスの会」の報告

5月16日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、首長と議会が有していた政策選好のみによっては説明できない政策的帰結はなぜ生じるかに関する研究報告が行われました。今回報告を受けた研究の成果は、5月18、19日、愛知大学にて開催された「2013年度 日本行政学会」にて発表されたものの基盤となるものです。


日 時:2013年5月16日(木)12:30~13:30

場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)

報告者:柳至(琉球大学法文学部講師)
          「政策・組織の存在理由が地方政治家の行動に与える影響
               ‐ダム事業・自治体病院事業・土地開発公社の廃止を事例にして‐」

130516_picture1.jpg130516_picture2.jpg


2013年05月15日 15時55分 [個別ページ]
CAJS研究会「第15回JIGSセミナー」の報告

5月9日にJIGS(これまで14カ国で実施された市民社会の実態調査(詳細は下記のURLを参照)についての第15回研究会が開かれ、日本における一党優位政党制の変遷と市民社会に関する報告が行われました(なお、本報告は5月13日にスタンフォード日本センター(京都)で行われた報告者の招待講演の基盤となったものです)。

第15回研究会

日 時:013年5月9日(木) 11:00-12:00

場 所:筑波大学人文社会科学研究科棟B419(政治討論室)

<研究会の内容>
日本における一党優位政党制の変遷と市民社会に関する報告。

報告タイトル:"Politics and Civil Society in Japan"
報告者:辻中豊(筑波大学人文社会系教授)

参考URL:


2013年05月08日 13時51分 [個別ページ]
2013年5月16日CAJS「市民社会ガバナンスの会」のお知らせ

5月16日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、以下の報告が行われる予定です。

日 時:2013年5月16日(木)12:30~13:30

場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)

報告者:柳 至(琉球大学 専任講師)

議 題:「政策・組織の存在理由が地方政治家の行動に 与える影響
      --ダム事業・自治体病院事業・ 土地開発公社の廃止を事例にして-- 」

皆様のご参加をお待ちしております。

130516_yanagi_CAJSポスター.jpg