筑波大学 人文社会科学研究科
English
CAJS 国際比較日本センター
センターの紹介 ニュース・イベント情報 研究成果 市民社会データベース 研究メンバー アクセス リンク

センターの紹介

TOP > センターの紹介 > これまでの活動

主要業績

分 類業 績
プロジェクト 日本学術振興会 東日本大震災学術調査
政治・政策班
平成24-26年度
科学技術研究費助成事業 基盤研究(S)
政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究
平成22年度‐26年度
戦略イニシアティブ(A)
現代日本と世界における市民社会データベースを活用したガバナンス(公共政策・国際関係)
比較研究拠点 平成22-24年度
書籍 書籍
・現代市民社会叢書4巻『現代日本のNPO政治』 木鐸社
・日本政治学会編『年報政治学2012-Ⅱ 現代日本の団体政治』 木鐸社
・『現代韓国の市民社会・利益団体』 木鐸社

モノグラフ
・『現代韓国のNPO政治』
・『現代韓国の市民社会・利益団体再論:第二次日韓社会団体調査データの比較に基づいて』
・『現代韓国の市民社会・利益団体』
・『ジェンダーと日韓市民社会』
・"Interconnections: Exploring Relationships Through Networks and Hyperlinks"
コードブック 韓国
・第二次調査『団体の基礎構造に関する調査K-JIGS2』
・第二次調査『非営利民間団体(NPO)に関する調査K-JIGS2-NPO』

中国
・第二次調査『団体の基礎構造に関する調査(浙江省&北京市、黒竜江省)C-JIGS2』

アメリカ
・第二次調査『団体の基礎構造に関する調査(シアトル)U1-JIGS』
・第二次調査『団体の基礎構造に関する調査(ワシントン)U2-JIGS』

ドイツ
・第二次調査『団体の基礎構造に関する調査G-JIGS2』

ウズベキスタン
・『団体の基礎構造に関する調査(ウズベキスタン、NPO)UZ-JIGS2-NPO』
・『団体の基礎構造に関する調査(ウズベキスタン、NHA)UZ-JIGS2-NHA』

エストニア
・『団体の基礎構造に関する調査EE-JIGS2』

ポーランド
・『団体の基礎構造に関する調査PL-JIGS2』

・第三次 団体の基礎構造に関する調査(日本・社会団体調査)
・『団体の基礎構造に関する調査
(JIGS1:日本、韓国、アメリカ、ドイツ、中国、ロシア、フィリピン、トルコ、ブラジル、バングラデシュ、JIGS2:日本)10カ国比較集計』
調査 2012年度
・利益団体調査 インドのデリーにて実施
(団体の基礎構造に関する調査(JIGS)の一環 戦略イニシアティブ(A))
・第2次地球環境政策ネットワーク調査(科学研究費助成事業 基盤研究(s))
・社会団体に関する調査(科学研究費助成事業 基盤研究(S))
・東日本大震災後の社会団体に関する調査(科学研究費助成事業 基盤研究(S))
・第4次圧力団体調査(前年度から引き続き 科学研究費助成事業 基盤研究(S))

2011年度
・市民社会組織調査 インドのデリーにて実施(戦略イニシアティブ(A))
・第4次圧力団体調査(科学研究費助成事業)

2010年度
・ブレーンストーミング(2010年12月開催の国際シンポジウム「一党優位政党制の変容に関する国際比較研究集会」における集中討議を含む 科学研究費助成事業)

2013年度

日 時内 容
2014年3月14日 東日本大震災学術調査(政治・政策班)第2回研究集会
場 所:筑波大学 東京キャンパス 会議室432 (東京メトロ丸の内線・茗荷谷駅より徒歩5分)
講演タイトル:米国人研究者の見た東日本大震災と日本政治
         何が変わり、何が変わらないのか?
講演者:ロバート・ペッカネン
     (ワシントン大学 ヘンリー・M・ジャクソン国際研究大学院准教授)

2014年3月6日 CAJS「市民社会ガバナンスの会」
場 所:筑波大学人文社会系棟B419(政治討論室)
第一部
  講 演:「中央・地方関係のなかの官民関係の変化と持続―団体調査の分析を中心として」
  講 師:久保慶明(琉球大学法文学部准教授)
第二部
  講 演:「地方自治体における社会団体の政治・行政への関与
      ―団体分類・地域・時系列間比較」
  講 師:柳至(琉球大学法文学部准教授)
2014年2月21日 「避難弱者」講演会
講演会タイトル:「避難弱者:あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?」
(講演者:相川祐里奈氏、フリージャーナリスト)
会 場: 筑波大学1D201講義室
報告タイトル:「原発事故から学ぶこと-国会事故調の活動を中心に」
報告者:田川寛之
2014年1月9-11日 アメリカ南部政治学会(SPSA)第85回年次大会への参加
出張者:ムロド・イスマイロフ(筑波大学人文社会系助教)、小橋洋平、菊池啓一、シャキル・アーメド(以上3名、筑波大学人文社会系非常勤研究員)
2013年12月13日 テグ国際社会ネットワーク会議 (DISC 2013)
場 所:Deagu Prince Hotel
発表タイトル: "Energy Policy Participation Through Networks Transcending Clevage: An           Analysis of Japanese and German Renewable Energy Promotion Policies."
著者: Manuela Harwig (Free University of Berlin) and Yohei Kobashi, Sae Okura & Leslie     Tkach-Kawasaki (University of Tsukuba)
発表者: Manuela Harwig and Yohei Kobashi
2013年10月30日 科学研究費補助金(基盤研究S) 講演会
場 所:筑波大学人文社会系棟B419(政治討論室)
講演タイトル:ポーランド市民社会とポーランドJIGS調査
講演者:ボホロディチ・ベアタ(Adam-Mickiewicz University准教授 現横浜国立大学社会科学      研究院 外国人客員研究員)
2013年10月11日 「Exploring Communal Civil Society In Asia」研究会
2013年10月3-5日 米日カウンシル2013年度大会
出張者:辻中豊(筑波大学人文社会系教授)
2013年9月11日 「東日本大震災学術調査」(政治・政策班) 第1回研究集会
場 所:筑波大学・東京キャンパス 講義室117
講演タイトル:東日本大震災復興構想会議の実体験を中心として
講演者:飯尾潤(政策研究大学院大学教授)
主な出席者:村松岐夫(日本学術振興会)、辻中豊(筑波大学)、秋吉貴雄(中央大学)、上川龍之進(大阪大学)、河村和徳(東北大学)、山本英弘(山形大学)、久保慶明(筑波大学)
2013年8月22日 CAJS「市民社会ガバナンスの会」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
報 告:「JIGS3調査の結果報告と市民社会の地域間比較研究に向けて」
報告者:久保慶明(筑波大学人文社会系助教)
     柳至(琉球大学法文学部総合社会システム学科講師)
     菊池啓一(筑波大学人文社会系非常勤研究員)
     田川寛之(筑波大学人文社会系非常勤研究員)
2013年7月8日 「政治構造変動と圧力団体、政策ネットワーク、市民社会の変容に関する比較実証研究」
講演会

場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
報告者:前田耕(ノーステキサス大学准教授)
報告タイトル:「大統領制と議員内閣制をめぐる研究の動向」
2013年7月5-6日 International Conference and Academic Seminars on BRICS Studies
場 所:復旦大学(中国)
報告者:辻中豊(筑波大学人文社会系教授)
報告タイトル:The BRICs and Civil Society in Comparative Perspective: Evidence from the
    JIGS surveys
2013年6月 ヴォルゴグラード、高等経済大学における報告
①「日本の市民社会:自治会の役割と活動内容を中心に」
第3回全ロシアセミナー「ロシアと海外における市民社会の要素としての地域社会自治団体」
場 所:ヴォルゴグラード(ロシア連邦), 2013年6月
②日本の市民社会:JIGSプロジェクトにおける国際比較および自治会研究の結果を中心に」
サマースクール「ロシアと海外における第3セクターの理論的経験的研究」
場 所:高等経済大学主催(ロシア連邦), 2013年7月
2013年5月18-19日 「国家・社会関係の比較研究プロジェクト」日中合同会議
「国家と社会団体の関係に関する国際比較の実証研究―2000~2010年のデータに基づいて」

場 所:筑波大学共同研究棟A306および北京大学英傑交流センター307テレビ会議室
主な出席者:辻中豊(筑波大学人文社会系教授)、李景鵬(北京大学教授)、褚松燕(国家行政学院教授)、袁瑞軍(北京大学准教授)、木島譲次(筑波大学国際部准教授)、小嶋華津子(慶應義塾大学法学部准教授)、仝志輝(中国人民大学准教授)、張静(北京大学社会学系教授)、汪錦軍(浙江行政学院准教授)、句華(北京大学准教授)
2013年5月16日 CAJS「市民社会ガバナンスの会」
場 所:政治討論室(人社棟B419)
報告タイトル:「政策・組織の存在理由が地方政治家の行動に与える影響 ‐ダム事業・自治体         病院事業・土地開発公社の廃止を事例にして‐」
報告者:柳至(琉球大学法文学部講師)

2012年度

日 時内 容
2013年3月22日 CAJS「市民社会ガバナンスの会」
場 所:政治討論室(人社棟B419)
議 題:次年度のセンター事業計画・実施体制について
報 告:東日本大震災学術調査、科学研究費補助金基盤研究Sの進捗状況
報告者:久保慶明 (筑波大学人文社会系助教)
      田川寛之(筑波大学人文社会系非常勤研究員)
      小橋洋平(筑波大学人文社会系非常勤研究員)
ゲスト:森裕城(同志社大学法学部教授)
2013年2月26日 CAJS講演会「地球温暖化対策をめぐるアクターの動向」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B-419
講 師:久保はるか(甲南大学法学部法学科准教授)
講演タイトル:地球温暖化対策をめぐるアクターの動向
2013年2月22日 CAJS講演会 「『現代日本の自治会・町内会:第1回全国調査に見る自治力・ネットワーク・ガバナンス』の自治会研究」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟A208
講 師: 森裕亮(北九州市立大学法学部政策科学科准教授)
講演タイトル:『現代日本の自治会・町内会:第1回全国調査に見る自治力・ネットワーク・ガバナンス』の自治会研究
2013年2月21日 CAJS「『現代市民社会叢書 現代社会集団の政治機能』(木鐸社 2010年)合評会」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
評 者:丹羽功(近畿大学法学部教授)
執筆者ゲスト:濱本真輔(北九州市立大学法学部講師)
2013年2月13日 CAJS「『現代市民社会叢書 ローカル・ガバナンス』(木鐸社 2010年)合評会 」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
評 者:長野基(首都大学東京東京都市システム科学域准教授)
執筆者ゲスト:伊藤修一郎(学習院大学法学部政治学科教授)
2013年2月12日 CAJS「『現代市民社会叢書 現代日本のNPO政治』(木鐸社 2012年)合評会」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
評 者:後房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授)
執筆者ゲスト:坂本治也(関西大学法学部法学政治学科准教授)
2013年2月6日 CAJS講演会「気候変動対処のための国際協調:最近の動向と今後の課題」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
報告者:亀山康子(国立環境研究所持続可能社会システム研究室室長/東京大学客員教授)
「気候変動対処のための国際協調:最近の動向と今後の課題」
2013年1月23日 CAJS講演会「中国NGO(社会組織)の全体像とその改革発展について」
場 所:筑波大学総合研究棟A-107 プレゼンルーム
報告者:王名(中国清華大学公共管理学院NGO研究所所長)
「中国NGO(社会組織)の全体像とその改革発展について」
2013年1月15日 CAJS「市民社会ガバナンスの会」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419(政治討論室)
報告者:海後宗男(筑波大学人文社会系准教授)
      レスリータック川崎(筑波大学人文社会系准教授)
「つくば市のSNS活用:『市民活動のひろば』に関する報告」
2012年11月14日 「科学研究費補助金(基盤研究S)講演会『時間のなかの公共政策』」
場 所:筑波大学人文社会科学系棟B419
報告者:真渕勝(日本政治学会理事長、京都大学大学院法学研究科教授)
「時間のなかの公共政策」
2012年11月7日 CAJS「市民社会ガバナンスの会」
報告者:朴仁京(筑波大学人文社会系非常勤研究員)
      「ジェンダーと日韓市民社会」
     金奈英(筑波大学人文社会科学研究科国際日本研究専攻博士後期課程)
     「制度経路依存論から解釈した住民組織の変化」
2012年9月29日 「NIHU現代中国地域研究・法政大学拠点研究会」共同ワークショップ
場 所:法政大学80年会館7階会議室
報告者:辻中豊(筑波大学)
     「現代中国の社会団体-中国JIGSを用いた分析-」
     小嶋華津子(慶應義塾大学)
     「中国の国家コーポラティスト体制
     ‐社会団体調査(2001-2004、2009-2011に基づいて)‐」
      黄媚(筑波大学)
     「Ⅰ.中国社会団体研究に関する理論的整理」
     「Ⅱ.社会団体の法制度と地方レベルにおける管理制度の変化」
2012年9月12日 国際比較日本研究センター講演会
場 所:第1学群C棟3階 302会議室
講演タイトル:"SNS & Academic Utilization"
2012年8月7日 科研費基盤(S)&東日本大震災学術調査委員会「政治政策班」合同研究会
場 所:筑波大学人文社会科学系棟A205

2011年度

日 時内 容
2012年3月16日 第27回CAJS定例会議 ビジネスミーティングと「市民社会とガバナンスの会」
CAJS研究会 「現代日本における地方自治・市民社会の潮流」
A. 自由論題 12:00~13:30
  発表者:柳至(筑波大学国際公共政策専攻)
  桶本秀和(筑波大学国際公共政策専攻)
B. 講演 13:30~14:00
  上田清史(法政大学)
  "Hiraizumi Kiyoshi (1895-1984): Sanctification of National History in Wartime Japan and   Beyond" C. JIGS(Japan Interest Group Survey)分析 14:00~16:00
  発表者:久保慶明(筑波大学人文社会系助教)
  小橋洋平(筑波大学人文社会系非常勤研究員)
  田川寛之(筑波大学国際日本研究専攻)
  大倉沙江(筑波大学国際日本研究専攻)
  和嶋克洋(筑波大学国際地域研究専攻)
D. 合評会 16:00~17:00
  合評書籍:辻中豊・ロバート・ペッカネン・山本英弘(2009)『現代日本の自治会・町内会』
  木鐸社
  辻中豊・森裕城編著(2010)『現代社会集団の政治機能』木鐸社
場所:人社棟A-208
2012年2月20-21日 日本・バングラデシュの市民社会比較研究会議開催
場 所:つくば国際会議場
2012月年1月31日 平成23年度 第24回CAJS定例会議 ビジネスミーティングと「市民社会とガバナンスの会」
講演会
講 師:金善赫(高麗大学行政学科大学院教授)
Democracy, Civil Society and Popular Protest in South Korea
(「韓国における民主主義、市民社会と大衆運動」)
場 所:人社棟A-208
2012年1月21日 第1回東アジア・ユーラシア地域を結んだ国際日本研究フォーラム
会 場:筑波大学筑波キャンパス総合交流会館(大学会館内)
2011年11月11日 第11回チュニジア-日本 文化・科学・技術学術会議
2011年9月14日 平成23年度 第10回CAJS定例会議 ビジネスミーティングと「市民社会とガバナンスの会」
報告タイトル:「日本の政治を考える―2010年参院選の有権者の選択―」後半
報告者:竹中佳彦(筑波大学人文社会科学研究科教授)
場 所:人社棟A419(政治討論室)
2011年8月5日 基盤研究(S)第2回研究会 報告
年報政治学2012-Ⅱ号「現代日本の団体政治」 第4次圧力団体調査に関する検討
場 所:つくば市国際会議場小会議室301
2011年7月27日 平成23年度 第9回CAJS定例会議 ビジネスミーティングと「市民社会とガバナンスの会」
報告タイトル:「日本の政治を考える―2010年参院選の有権者の選択―」
報告者:竹中佳彦(筑波大学人文社会科学研究科教授)
2011年5月18日 平成23年度 第4回CAJS定例会議開催
ビジネスミーティングと「市民社会とガバナンスの会」
報告タイトル1:「新聞報道にみる東日本大震災後の日本社会」
報告者:久保慶明(日本学術振興会特別研究員)
報告タイトル2:「災害時のソシアル・メディア利用と社会関係資本:
          茨城県つくば市のツイッター発信情報の分析」
報告者:海後宗男(筑波大学准教授)

2010年度

日 時内 容
2011年2月14日 筑波大学・浙江大学・共同セミナー 「中国の地方ガバナンスと市民社会」
場 所:筑波大学人文社会科学研究科棟A419 (政治討論室)
司 会:小嶋華津子准教授(筑波大学国際公共政策専攻)
(1)15:15-16:15 
「グローカリゼーションと変動する中国の基層社会―政治人類学の視点から」
報告者:阮雲星教授(浙江大学・国立民族学博物館外国人研究員)
(2)16:30-17:30
「中国地方ガバナンスにおける市民社会組織の動き―浙江省を事例として」
報告者:張丙宣講師(浙江工商大学・浙江大学政治学博士)
(3)17:30-18:00
コメンテーター:辻中豊教授(筑波大学国際日本研究専攻)」
2011年1月20日 上杉隆 講演会「マスメディアの現在―見せないメディアと魅せるニューメディア」
場 所:筑波大学 3A204教室
第1部 基調講演
上杉隆(フリージャーナリスト)
『現代マスメディアの問題点とニューメディアの可能性』
第2部 パネルディスカッション『メディア再考』
パネリスト
辻中豊(筑波大学教授、現代日本政治研究)
海後宗男(筑波大学教授、メディア・コミュニケーション論)
荻野祥三(筑波大学教授、元毎日新聞記者)
2011年1月18日 R. William Liddle教授 講演会
場 所:筑波大学 3K棟311 (国際情報分析室)
講 演:R. William Liddle (アメリカ、オハイオ州立大学政治学部教授)
2010年12月9日 国際ラウンドテーブル開催
2010年12月1-3日 国際シンポジウム
場 所:International House of Japan, Tokyo, Japan
2010年9月1-3日 浙江大学ワークショップ
場 所:中華人民共和国 浙江省 浙江大学
出張者:辻中豊教授、小嶋華津子准教授、黄媚、王翔(国際日本研究専攻院生)
2010年7月31日-8月1日 2010世界日本語教育大会
場 所:台湾台北県ホリデーイン イースト台北ホテル
出張者:辻中豊教授