団体の基礎構造に関する調査

筑波大学人文社会系
教授 辻中 豊

謹啓
貴団体におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
私どもの研究グループでは、科学研究費助成事業(文部科学省,JSPS)の助成を受け、これまで世界15か国の団体・組合の研究を進めてまいりました(http://cajs.tsukuba.ac.jp/)。日本国内では、団体や組合等の実態や変化を把握するため、1997年よりアンケート調査を継続的に実施しております。このたびは、4度目の調査を実施することとなりました。つきましては、貴団体にご協力をお願いいたしたく、ご連絡を差し上げました。
現在、グローバル化の進展のなか様々な社会問題に対処するうえで、団体や組合がどのような働きをしているのか、社会的にも学術的にも注目が集まっています。特に近年の日本は、少子高齢化に伴う社会福祉や相次ぐ大規模災害など大きな問題に直面しています。そのような現場におきましては、団体各位のご苦労やご尽力があったものと拝察しております。
そこで、貴団体の事務局長もしくは日常の業務に責任をお持ちの方に、活動内容や他組織との関係などについて、下記の方法によるご回答をお願いさせていただきたく存じます。このたびの貴団体の選定につきましては、職業別電話帳(タウンページ)を用いた無作為抽出により機械的に行わせていただきました。ご回答内容は数値として集計いたしますので、個々の団体名が特定されることはありません。プライバシーの保護には細心の注意を払い、私どもを含む全関係者のあいだで情報管理を徹底することを堅くお約束します。
詳細な内容につきましては、次頁からの質問票をご参照ください。ご不明な点があおりでしたら、下記の連絡先までお問い合わせくださいますようお願いいたします。
末筆ながら、皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力いただけますと幸いです。ご回答を心よりお待ちいたしております。
謹白



1.ご回答方法
3月3日(金)までに下記のどちらかの方法でご回答いただけますと幸いです。
(1)次頁からの質問票に直接記入し、返信用封筒に入れてご返送ください。
(2)http://cajs.tsukuba.ac.jp/cajs1/ からウェブ上でご回答ください。

※調査結果報告の送付をご希望の場合は、お送りした封筒の宛先にあるID、もしくは送付希望メールアドレスを最後のページの記入欄にご記入ください。
※「CAJS 筑波」でウェブ検索していただくとスムーズです。

2.お問い合わせ先
筑波大学 国際比較日本研究センター 〒305-8571茨城県つくば市天王台1-1-1
団体基礎構造研究会(阿部・和嶋・相良・李・戸川)
Eメール jigs@japan.tsukuba.ac.jp /電話029(853)7199/FAX 029(853)7454

以上
ご記入にあたって
各質問には、貴団体の事務局長もしくは日常の業務に責任をお持ちの方がご回答くださいますようお願いいたします。
各質問へのお答えは、貴団体の公式のご見解でなくても結構でございます。ご回答される方が普段お考えになっている貴団体の立場をご記入ください。
質問の中には貴団体に該当しないものもあるかと存じます。そのような場合は、お答えにならなくても大丈夫ですので、どうぞ次の質問にお進みください。
質問の中には選択肢に適当なものがない場合もあるかと存じます。そのような場合は、貴団体の立場により近い選択肢をお選びください。また、どうしてもお答えいただけない質問は、無回答のままでも結構でございます。どうか、最後までご回答くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


Ⅰ.あなたの団体の概要についておたずねします。



Q1. あなたの団体の主となる事務所の所在地をご記入ください。

1.東京都 2.茨城県 無回答
市区町村:

Q2. あなたの団体が設立されたのは何年頃ですか。西暦でお答えください。ご不明の場合は「わからない」に〇をつけてください。


Q3. あなたの団体はどのようにして設立されましたか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.団体メンバーによる新設
2.行政の働きかけ
3.他の団体や企業の働きかけ
4.元となる団体の機能分割
5.複数の団体の合併
6.法制度の変更などによる再編(衣替え)
7.その他 (
8.わからない

Q4. あなたの団体の法人格は次のどれにあたりますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

1.法人格はない
2.公益社団法人
3.公益財団法人
4.一般社団法人(非営利型)
5.一般社団法人(非営利型以外)
6.一般財団法人(非営利型)
7.一般財団法人(非営利型以外)
8.社会福祉法人
9.認定特定非営利活動法人
10.特定非営利活動法人
11.認可地縁団体
12. 労働組合
13. 消費生活協同組合
14. 農業協同組合
15. 漁業協同組合
16. 森林組合
17. 中小企業等協同組合
18. 宗教法人
19. その他 (
無回答

Q5. あなたの団体では、法人格制度のほかに、組織や活動に関する何らかの認証や認定を受けていますか。また、その具体的な名称をご記入ください。

1.受けている (
2.受けていない
無回答

Q6. あなたの団体は次の分類のどれにあたりますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

1.農林水産業団体
2.経済・業界団体
3.労働団体
4.教育団体
5.行政関係団体
6.福祉団体
7.専門家団体
8.政治団体
9.市民団体
10.学術・文化団体
11.趣味・スポーツ団体
12.宗教団体
13.その他 (
無回答

Q7. あなたの団体が活動する分野や、関心のある政策はどれにあたりますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。また、最も重要なものの番号を1つだけご記入ください。

最も重要あてはまる
1.財政
2.金融
3.通商・貿易
4.業界の産業振興
5.土木・建設
6.運輸・交通
7.通信・情報
8.科学技術
9.地域開発
10.外交
11.平和・安全保障
12.治安
13.司法・人権
14.教育
15.女性
16.地方行政
17.労働
18.農業・林業・水産業
19.消費者
20.環境
21.厚生・福祉・医療
22.国際交流・協力・援助
23.文化・学術・スポーツ
24.観光
25.資源エネルギー
26.防災
27.消防
28. 団体支援
29. その他 (
無回答

Q8. あなたの団体の主な目的、活動は次のどれにあたりますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.会員に情報を提供する
2.会員のために経済的利益を追求する
3.会員の生活や権利を防衛する
4.会員に教育・訓練・研修を行う
5.会員に国や自治体からの補助金や奨励金を斡旋する
6.会員に許認可や契約などの行政上の便宜をはかる
7.政党や行政に対して主張や要求を行う
8.情報を収集して会員以外の組織・団体・個人に提供する
9.専門知識に基づく政策案を会員以外の組織・団体・個人に提言する
10.公共の利益を実現するために啓蒙活動を行う
11.他の団体や個人に資金を助成する
12.一般向けに有償でサービスを提供する
13.一般向けに無償でサービスを提供する
14.公的な認証、認定、規制を行う
15.その他 (

Q9. あなたの団体が活動対象とする地理的な範囲は、次のどのレベルですか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

1.市区町村レベル
2.都道府県レベル
3.複数県にまたがる広域圏レベル
4.日本全国レベル
5.世界レベル
無回答

Q10. Q9でお答えになった地理的な範囲内で、何か活動分野に関する政策の問題が生じたとき、あなたの団体はどの程度影響力をもっていますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

1.まったくない
2.あまりない
3.ある程度強い
4.かなり強い
5.非常に強い
無回答

Q11. あなたの団体には、他の機関や団体に提供できる専門的知識・技能はありますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.活動分野に関する実践的な知識・技能
2.法令に関する知識
3.科学技術に関する知識・技能
4.ICT(情報通信技術)に関する知識・技能
5.国際情勢、世界の地域情勢に関する知識
6.国内の地域社会に関する知識
7.その他 (
8.提供できる知識・技能はない

Q12. あなたの団体は、次にあげる活動を行っていますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.定例会・理事会
2.会報・機関誌の発行
3.ホームページの開設
4.ソーシャルメディアの利用
5.各種の知識や技能の研修・勉強会
6.学習会・シンポジウム・セミナーの開催
7.コンサート・展覧会・お祭りなどのイベントの開催
8.資料・情報の収集と提供
9.専門的知識・技能の提供
10.研究・調査
11.会員同士の交流のための行事
12.物品の生産・販売
13.有料の研修・ワークショップ
14.専門技能や人的サービスの提供(専門家や講師の派遣・紹介等)
15.相談・カウンセリング
16.公共施設などの管理業務受託
17.施設の設置や自主運営
18. その他 (

Q13. あなたの団体の運営において、次にあげることがらはどの程度あてはまりますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

あてはまるやや
あてはまる
どちらとも
いえない
あまり
あてはまらない
あてはまらない

(1) 一般会員が団体運営や意思決定に関与する54321
(2) 一般会員が実地活動に参加している54321
(3) 一般会員同士が顔をあわせて話をする54321
(4) 団体の運営方針は創設者の理念と不可分である54321
(5) 世代間での会員の意見の相違がみられる54321
(6) 団体の組織内部に不調和や意見のちがいが生じる54321
(7) 団体の組織内部で問題が生じた場合に本部など系列団体に相談する54321


Ⅱ.あなたの団体に影響を与える経済・社会環境の変化についておたずねします。



Q14. 現在、経済、政治、文化などの各領域で「グローバル化」と呼ばれる現象が進んでいます。グローバル化には、あなたの団体の活動にとって良い影響があるでしょうか、それとも悪い影響があるでしょうか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

1.よい影響
2.どちらかといえばよい影響
3.どちらともいえない
4.どちらかといえば悪い影響
5.悪い影響
6.関係がない →Q16へ
無回答

Q15. 【Q14で1~5とお答えの方におうかがいします】グローバル化の影響について、具体的にどのようなことがらかお答えください。


Q16. あなたの団体の活動にとって、次にあげることがらは望ましいですか、それとも、望ましくないですか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

望ましいどちらかといえば
望ましい
どちらとも
いえない
どちらかといえば
望ましくない
望ましくない関係がない

(1)政府による産業の保護・育成543210
(2)関税の撤廃、自由貿易の促進543210
(3)規制の緩和543210
(4)市場競争原理の導入543210
(5)特定の産業に対する集中的な投資543210
(6)特定の地域に対する集中的な投資543210
(7)地域間格差の是正543210
(8)法人税の減税543210
(9)消費税の増税543210
(10)民間への公共サービス委託の増加543210
(11)公共事業の削減543210
(12)市民活動への支援543210
(13)地方分権化の推進543210
(14)広域行政の強化 543210
(15)情報化社会の進展543210

Q17. あなたの団体の活動分野において、次にあげることがらは、AとBのどちらにあてはまりますか。10年前と比べて、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。10年前に団体が存在しない場合は、設立時と比べてお答えください。

Aに
当てはまる
どちらかと
いえばA
どちらとも
いえない
どちらかと
いえばB
Bに
当てはまる


(1)政府の財政的な役割大きくなった54321小さくなった
(2)金融政策の影響大きくなった54321小さくなった
(3)政府による方向付け強くなった54321弱くなった
(4)団体間の競合増えた54321減った
(5)団体間の協調増えた54321減った
(6)活発に活動している団体増えた54321減った
(7)解散・廃業した団体増えた54321減った
(8)営利企業の参入増えた54321減った
(9)外国からの参入増えた54321減った

Q18. この10年で、あなたの団体には変化がみられましたか。次にあげる項目について、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。10年前に団体が存在しない場合は、設立時と比べてお答えください。

Aに
当てはまる
どちらかと
いえばA
どちらとも
いえない
どちらかと
いえばB
Bに
当てはまる


(1)会員数増えた54321減った
(2)新規会員の加入増えた54321減った
(3)財政規模大きくなった54321小さくなった
(4)寄付金の額増えた54321減った
(5)活動の自由度増した54321減った
(6)社会的信用増した54321減った
(7)団体の組織体系変化した54321変化しない
(8)団体内リーダー層の世代交代進んでいる54321進んでいない
(9)運営上の不調和や意見の相違増えた54321減った
(10)運営上の不調和や意見の相違の調整困難になった54321容易になった
(11)登記や税務上の事務的負担増えた54321減った
(12)法令・規則遵守の徹底厳しくなった54321緩くなった
(13)税制上の優遇措置増えた54321減った
(14)行政による監督厳しくなった54321緩くなった
(15)行政との接触頻度増えた54321減った
(16)政党との接触頻度増えた54321減った

Q19. 現在、日本全国で様々な地域社会の問題が挙げられています。次にあげる問題は、あなたの団体の活動にとってどのような影響を与えていますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

よい影響どちらかといえば
よい影響
どちらとも
いえない
どちらかといえば
悪い影響
悪い影響関係がない

(1)地域人口の変化543210
(2)地域の住民構成の変化543210
(3)地域コミュニティの希薄化 543210
(4)地元企業・商店街の変化543210
(5)都心への一極集中543210
(6)地域に来る外国人の増加543210
(7)その他 (543210


Ⅲ.あなたの団体と政治・行政とのかかわりについておたずねします。



Q20. あなたの団体と関連する政策について、次にあげる人や組織からどのくらい相談を受けますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

非常に頻繁かなり頻繁ある程度あまりないまったくない

(1)地元の国会議員54321
(2)地元以外の、関連政策に関心を有する国会議員54321
(3)それ以外の国会議員54321
(4)中央省庁本省54321
(5)中央省庁の出先機関54321
(6)地方議員54321
(7)都道府県54321
(8)市区町村54321

Q21. あなたの団体は、国、都道府県、市区町村の予算編成において、政党や行政に何らかの働きかけをしますか。

(1)国 1.する 2.しない 無回答
(2)都道府県 1.する 2.しない 無回答
(3)市区町村 1.する 2.しない 無回答

Q22. あなたの団体の主張をとおしたり、権利、意見、利益を守るために、政党(ないし議会)、行政、裁判所のどれに働きかけることがより有効だと思われますか。それぞれの順位に〇をつけてください。

政党(ないし議会) 1位 2位 3位 無回答
行政 1位 2位 3位 無回答
裁判所 1位 2位 3位 無回答

Q23. あなたの団体にとって次にあげる人・組織・集団は、一般的にいって、どのくらい信頼できるとお考えですか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

信頼できるやや信頼できるどちらとも
いえない
あまり
信頼できない
信頼できないわからない

(1)議員・政党543219
(2)中央省庁543219
(3)都道府県543219
(4)市区町村543219
(5)裁判所543219
(6)マスメディア543219
(7)国際機関543219

Q24. 次にあげる国の行政機関等の政策は、あなたの団体のお考えとどの程度一致していますか。あなたの団体が関心のある政策分野を念頭に、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

一致しているある程度
一致している
どちらとも
いえない
あまり
一致していない
一致していないわからない

(1)首相官邸・内閣官房543219
(2)内閣府543219
(3)復興庁543219
(4)総務省543219
(5)法務省543219
(6)外務省543219
(7)財務省543219
(8)文部科学省543219
(9)厚生労働省543219
(10)農林水産省543219
(11)経済産業省543219
(12)国土交通省543219
(13)環境省543219
(14)防衛省543219
(15)公正取引委員会543219
(16)国家公安委員会・警察庁543219
(17)個人情報保護委員会543219
(18)金融庁543219
(19)消費者庁543219
(20)内閣法制局543219
(21)人事院543219
(22)会計検査院543219
(23)日本銀行543219

Q25. あなたの団体が所在する都道府県と市区町村の政策は、あなたの団体のお考えとどの程度一致していますか。あなたの団体が関心のある政策分野を念頭に、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

一致しているある程度
一致している
どちらとも
いえない
あまり
一致していない
一致していないわからない

(1)都道府県543219
(2)市区町村543219

Q26. あなたの団体は行政機関とどのような関係にありますか。中央省庁、都道府県、市区町村について、あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

中央省庁都道府県市区町村
(1)許認可を受ける関係にある1 1 1
(2)何らかの法的規制を受ける関係にある2 2 2
(3)何らかの行政指導を受ける関係にある3 3 3
(4)政策決定や予算編成に対して協力や支持をしている4 4 4
(5)団体や業界などの事情についての意見交換をしている5 5 5
(6)審議会や諮問機関に委員を派遣している6 6 6
(7)政策提言をしている7 7 7
(8)政策実施や法執行に対して協力や援助をしている8 8 8
(9)政策実施や法執行の動向をモニタリングしている9 9 9
(10)行政機関の退職者にポストを提供している10 10 10
(11)職員を出向させたり受け入れたりしている11 11 11
(12)業務を受託している12 12 12
(13)補助金や助成金などの交付を受けている13 13 13
(14)上記のいずれにも該当しない14 14 14

Q27. あなたの団体と直接的に関係がある中央省庁等の機関について、あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.首相官邸・内閣官房
2.内閣府
3.復興庁
4.総務省
5.法務省
6.外務省
7.財務省
8.文部科学省
9.厚生労働省
10.農林水産省
11.経済産業省
12.国土交通省
13.環境省
14. 防衛省
15. 公正取引委員会
16.国家公安委員会・警察庁
17. 個人情報保護委員会
18.金融庁
19.消費者庁
20. 内閣法制局
21. 人事院
22. 会計検査院
23. 日本銀行
24. その他 (
25.関係のある省庁はない

Q28. あなたの団体と直接的に関係がある都道府県および市区町村の部局について、3つまで具体的にお答えください。

都道府県
市区町村

Q29. あなたの団体は、直接的、あるいは次にあげる人を介して間接的に行政に働きかけることがどのくらいありますか。国と自治体それぞれについて、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

非常に
頻繁
かなり
頻繁
ある
程度
あまり
ない
まったく
ない


中央省庁
(1)直接働きかける54321
(2)地元の国会議員を介して働きかける54321
(3)地元以外の、関連政策に関心を有する国会議員を介して働きかける54321
(4)それ以外の国会議員を介して働きかける54321
(5)首長など自治体幹部を介して働きかける54321
(6)地方議員を介して働きかける54321
(7)民間の企業・団体・個人を介して働きかける54321
都道府県
(1)直接働きかける54321
(2)国会議員を介して働きかける54321
(3)地方議員を介して働きかける54321
(4)民間の企業・団体・個人を介して働きかける54321
市区町村
(1)直接働きかける54321
(2)国会議員を介して働きかける54321
(3)地方議員を介して働きかける54321
(4)民間の企業・団体・個人を介して働きかける54321

Q30. 次にあげる政党の政策は、あなたの団体のお考えとどの程度一致していますか。あなたの団体が関心のある政策分野を念頭に、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

一致しているある程度
一致している
どちらとも
いえない
あまり
一致していない
一致していないわからない

(1)自民党543219
(2)公明党543219
(3)民進党 543219
(4)共産党543219
(5)社民党543219
(6)日本維新の会543219

Q31. あなたの団体が政党に働きかけをする場合、次にあげる政党とどのくらい接触しますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

非常に頻繁かなり頻繁ある程度あまりないまったくない

(1) 自民党54321
(2) 公明党54321
(3) 民進党54321
(4) 共産党54321
(5) 社民党54321
(6) 日本維新の会54321
(7) その他 (54321

Q32. あなたの団体にとって、助力を要請できる国会議員はいますか。その議員が所属する政党すべての番号に〇をつけてください。

1.自民党
2.公明党
3.民進党
4.共産党
5.社民党
6.日本維新の会
7. その他 (
8.いない

Q33. 次にあげる政党は、あなたの団体が関心のある政策分野について、どの程度の影響力をもっていると思いますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

ほとんど影響力なし ─ 中間 ─ 非常に影響力あり

(1)自民党1234567
(2)公明党1234567
(3)民進党1234567
(4)共産党1234567
(5)社民党1234567
(6)日本維新の会1234567
(7)その他 (1234567

Q34. あなたの団体は最近の国政選挙において、次にあげる政党の候補者を支持もしくは推薦しましたか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

  2014年
衆議院
2016年参議院
選挙区 比例区
(1)自民党1 1 1
(2)公明党2 2 2
(3)民進党(民主党3 3 3
(4)共産党4 4 4
(5)社民党5 5 5
(6)維新の党6 --
(7)おおさか維新の会-7 7
(8)その他 (8 8 8
(9)支持・推薦していない9 9 9

Q35. 次の国政選挙に向けて、あなたの団体に対して、次にあげる政党から働きかけはありますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.自民党
2.公明党
3.民進党
4.共産党
5.社民党
6.日本維新の会
7.その他 (
8.働きかけはない

Q36. あなたの団体は、団体の主張をとおしたり、権利や利益を守るために外国の政治(国際機関を含む)に働きかけをした経験がありますか。

1.経験がある
2.経験がない
無回答

Q37. あなたの団体は、政治や行政に要求や主張をする際に、次にあげる手段や行動を行いますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

1.請願・陳情
2.署名
3.パブリックコメント
4.チラシ・ビラの配布、ポスターの掲示
5.ウェブ(HP、ブログ等)による意見表明
6.ソーシャルメディア(Twitter、Facebook、YouTube等)による意見表明
7.直接的行動(デモなど)
8.団体交渉・直接交渉
9.マスメディアへの情報提供
10.意見広告の掲載(テレビ、新聞、雑誌)
11. 記者会見による立場表明
12. 他団体との連合の形成
13. 海外の団体との連合
14. 上記に行ったことがあるものはない

Q38. 次にあげるグループは、日本政治全般、およびあなたの団体が関心のある政策分野についてどの程度影響力をもっていると思いますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

日本政治全般

ほとんど影響力なし - 中間 - 非常に影響力あり
(1)自分の活動
分野の団体
1234567
(2)自分の活動
分野以外の団体
1234567
(3)大企業系の
経済・業界団体
1234567
(4)中小企業系
の経済・業界団体
1234567
(5)労働団体1234567
(6)首相官邸・
内閣官房
1234567
(7)自民党など与党1234567
(8)民進党など野党1234567
(9)中央省庁の官僚1234567
(10)都道府県知事1234567
(11)都道府県議会 1234567
(12)市区町村長1234567
(13)市区町村議会1234567
(14)裁判所1234567
(15)大企業1234567
(16)中小企業1234567
(17)マスメディア 1234567
(18)外国政府1234567
(19)国際機関1234567
関心のある政策分野

ほとんど影響力なし - 中間 - 非常に影響力あり
(1)自分の活動
分野の団体
1234567
(2)自分の活動
分野以外の団体
1234567
(3)大企業系の
経済・業界団体
1234567
(4)中小企業系
の経済・業界団体
1234567
(5)労働団体1234567
(6)首相官邸・
内閣官房
1234567
(7)自民党など与党1234567
(8)民進党など野党1234567
(9)中央省庁の官僚1234567
(10)都道府県知事1234567
(11)都道府県議会 1234567
(12)市区町村長1234567
(13)市区町村議会1234567
(14)裁判所1234567
(15)大企業1234567
(16)中小企業1234567
(17)マスメディア 1234567
(18)外国政府1234567
(19)国際機関1234567

Q39. あなたの団体の活動によって、特定の政策や方針を、国と自治体に〈実施〉 または〈修正・阻止〉させることに成功した経験がありますか。

実施させた経験 修正・阻止させた経験
(1)国 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(2)都道府県 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(3)市区町村 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答

Q40. あなたの団体は、国や自治体の政策や方針に、どのくらい満足していますか。政治全般とあなたの団体の活動分野のそれぞれについて、最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

全般

満足 やや満足 どちらとも
いえない
やや不満 不満
(1) 国54321
(2) 都道府県54321
(3) 市区町村54321
活動分野

満足 やや満足 どちらとも
いえない
やや不満 不満
(1) 国54321
(2) 都道府県54321
(3) 市区町村54321


Ⅳ.あなたの団体と他の団体・組織とのかかわりについておたずねします。



Q41. 過去3年間に、あなたの団体はマスメディア(新聞、テレビ、雑誌等)に何回ぐらいとりあげられましたか。


※半角数字でご入力ください。

Q42. あなたの団体には、ふだんの活動において、次にあげることがらに該当する他の団体や企業がありますか。あてはまるものすべての番号に○をつけてください。

他の団体企業
(1) 指導、助言、評価、監査などを行う1 1
(2) 指導、助言、評価、監査などを受ける2 2
(3) 国や自治体の政策決定や予算編成において協力する3 3
(4) 団体や業界などの事情についての意見交換をしている4 4
(5) 理事会や評議会等に委員を派遣している5 5
(6) 理事会や評議会等への委員派遣を受けている6 6
(7) 人事交流を行っている7 7
(8) 国や自治体の政策実施や法執行において協力する8 8
(9) 業務を委託している9 9
(10) 業務を受託している10 10
(11) 物資や資金を提供する11 11
(12) 物資や資金の提供を受けている12 12
(13) 関係のある団体や企業はない13 13

Q43. あなたの団体は、活動する上で必要な情報をどこから得ていますか。次の中から重要な順に3つまでお答えください。

順位選択(1~3位)
1.中央省庁
2.国会議員・政党
3.自治体
4.地方議員
5.学者・専門家
6.民間企業
7.マスメディア関係者
8.専門紙・業界紙関係者
9.系列団体
10.協力団体
11.あなたの団体の会員
12.NPO
13.町内会・自治会
14.ソーシャルメディア
15.その他 (

Q44. あなたの団体は、他の団体や機関と何らかのトラブルが生じたとき、訴訟、あるいは斡旋、調停、仲裁などの裁判外紛争解決手続(ADR)を利用する可能性がありますか。また、実際に行った経験はありますか。

利用可能性行った経験
(1)訴訟 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(2)裁判所によるADR 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(3)行政機関によるADR 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(4)同業団体によるADR 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(5)その他の民間団体によるADR 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(6)議員による非公式な仲裁 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答
(7)有力者による非公式な仲裁 1.あり 2.なし 無回答 1.あり 2.なし 無回答

Q45. あなたの団体は、次にあげるグループとどのような関係にありますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

非常に対立的 ─ 中立 ─ 非常に協調的わからない

(1)自分の活動分野の団体12345679
(2)自分の活動分野以外の団体12345679
(3)大企業系の経済業界団体12345679
(4)中小企業系経済・業界団体12345679
(5)労働団体12345679
(6)首相官邸・内閣官房12345679
(7)自民党など与党12345679
(8)民進党など野党12345679
(9)中央省庁の官僚12345679
(10)都道府県知事12345679
(11)都道府県議会12345679
(12)市区町村長12345679
(13)市区町村議会12345679
(14)裁判所12345679
(15)大企業12345679
(16)中小企業12345679
(17)マスメディア 12345679
(18)外国政府12345679
(19)国際機関12345679


Ⅴ.あなたの団体の運営についておたずねします。



Q46. あなたの団体の個人会員数と団体会員数をご記入ください。団体会員については、それらの団体に所属する構成員の合計人数もご記入ください。(正確にわからない場合は概数でお答えください。)

個人会員数 団体会員数 所属人数の合計
団体
※半角数字でご入力ください。

Q47. あなたの団体の職員・スタッフ数を次にあげる項目ごとにご記入ください。

役員 常勤 非常勤 ボランティア
※半角数字でご入力ください。

Q48. あなたの団体のリーダー、職員・スタッフ・会員についておうかがいします。次にあげる項目にそれぞれご記入ください。

リーダーの
年齢
リーダーの
性別
職員・スタッフの
平均年齢
職員・スタッフの
女性の割合
職員・スタッフの
大卒者の割合
個人会員の
平均年齢
1.男性
2.女性
無回答
※半角数字でご入力ください。

Q49. あなたの団体にかかわる法務および財務は、どのような方が担当されていますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

法務財務
(1) メンバーである専門家(報酬あり)11
(2) メンバーである専門家(報酬なし)22
(3) 外部に委託33
(4) 特にいない44
無回答

Q50. あなたの団体の純資産額はどのくらいになりますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

0.なし
1.1円以上500万円未満
2.500万円以上1000万円未満
3.1000万円以上3000万円未満
4.3000万円以上5000万円未満
5.5000万円以上1億円未満
6.1億円以上5億円未満
7.5億円以上10億円未満
8.10億円以上20億円未満
9.20億円以上
無回答

Q51. あなたの団体の昨年度の収入の合計はどのくらいでしたか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

0.なし
1.1円以上250万円未満
2.250万円以上500万円未満
3.500万円以上1000万円未満
4.1000万円以上2000万円未満
5.2000万円以上3000万円未満
6.3000万円以上5000万円未満
7.5000万円以上1億円未満
8.1億円以上2億円未満
9.2億円以上
無回答

Q52. あなたの団体の昨年度の収入の内訳について、次にあげる費目の割合(%)をご記入ください。なお、該当する費目がない場合は、「0」をご記入ください。
※合計が100%になるようお願いします。

会費入会金 団体の事業収入 行政の委託業務
手数料
国や自治体
の補助金
寄付など その他
合計
100%
※半角数字でご入力ください。

Q53. 回答者ご自身は、保守的-革新的と問われれば、どのあたりに位置づけられますか。最も近いもの1つの番号に〇をつけてください。

革新 ─ 中間 ─ 保守
1 2 3 4 5 6 7 無回答

◇近年の国内外の情勢についてのご意見、あるいはあなたの団体が政治や行政に何らかの働きかけをしたエピソードなどがございましたら、ご教示ください。また、 この調査に対するご意見やご感想がございましたら、ぜひ、ご記入ください。


以上で質問は終わりです。ご協力ありがとうございました。
◆調査後に作成される『調査結果報告』の受け取りを希望される場合は、お手数ですが、お送りした封筒のあて先にあります「ID番号」、もしくは貴団体の電子メールアドレスを下欄にご記入ください。(調査結果のご送付のために使用させていただきます。回答内容とID番号を照合したり、調査結果報告以外のメールを送信することは決してありません。

ID番号:
メールアドレス:






筑波大学 国際比較日本研究センター 〒305-8571茨城県つくば市天王台1-1-1
団体基礎構造研究会(阿部・和嶋・相良・李・戸川)
Eメール jigs@japan.tsukuba.ac.jp /電話029(853)7199/FAX 029(853)7454