筑波大学 人文社会科学研究科
English
CAJS 国際比較日本センター
センターの紹介 ニュース・イベント情報 研究成果 市民社会データベース 研究メンバー アクセス リンク

ニュース・イベント情報

TOP > ニュース・イベント情報 > 2014年8月22日CAJS「市民社会ガバナンスの会」の報告

2014年08月27日 13時54分 [個別ページ]
2014年8月22日CAJS「市民社会ガバナンスの会」の報告

8月22日、「市民社会ガバナンスの会」が開催されました。以下の報告が行われたところです。 第一の報告は、茨城県南で環境保全活動に取り組むNPOへの報告者の参与観察を通して、そこから得られた知見の報告となりました。 環境をテーマとするNPOの活動とネットワーク化について、政治学からのアプローチの可能性や難点について言及がなされました。

また、第二の報告は、ロシアの市民社会を研究対象とする報告者がJIGS調査の知見を用いながら、 権威主義体制下の市民社会研究のあり方について試論的に報告する場となりました。 民主主義的傾向が弱いとされる国家群における市民社会の理解の方法論について、活発な議論が交わされました。

日 時:2014年8月22日(金) 11:30-13:00

場 所:筑波大学人文社会科学系棟A101

報告①:「環境NPOによる地域環境保全・再生活動の広まり―認定NPO法人アサザ基金を事例に」

報告者:竜聖人(筑波大学大学院国際日本研究専攻)

報告②:「現代ロシアの市民社会―団体のアドボカシーと自律性、社会運動の意味―」

報告者:貝田真紀(筑波大学大学院現代文化・公共政策専攻)

140822_picture1.JPG140822_picture2.JPG