筑波大学 人文社会科学研究科
English
CAJS 国際比較日本センター
センターの紹介 ニュース・イベント情報 研究成果 市民社会データベース 研究メンバー アクセス リンク

ニュース・イベント情報

TOP > ニュース・イベント情報 > 2014年4月25日CAJS[市民社会ガバナンスの会」の報告

2014年04月28日 13時40分 [個別ページ]
2014年4月25日CAJS[市民社会ガバナンスの会」の報告

4月25日「市民社会ガバナンスの会」におきまして、「東日本大震災学術調査」プロジェクトに関する研究報告が行われました。世界経済フォーラムの刊行するGlobal Risk Reportを参考とし、東日本大震災を世界的視野から捉えることについての試論が展開され、会議では活発な議論が交わされました。具体的には、「世界経済フォーラム自体の持つビジネスバイアス」、「『リスク』の定義や設定における政治」、「災害対策周辺の意思決定におけるコストの問題」、「『想定外』に関わる制度的前提のあり方」、「政治学以外のディシプリンによる震災の見え方」等が言及され、研究上の課題として浮上しております。

日 時:2014年4月25日(金)11:30~12:30

場 所:筑波大学人文社会科学系棟A101

報 告:「日本人を取り巻く災害リスクと公的意思決定の諸相」

報告者:田川寛之(筑波大学 人文社会系非常勤研究員)

140425_picture1.JPG140425_picture2.JPG

報告資料(PDF:5.90MB)